01、棒術ってそもそも何?
約180cmの棒を使う武術です。薙刀から刃だけを取っ払ったようなシンプルな形をしています。棒で叩いたり薙ぎ払ったりするだけでなく、投げ技も行います。また上級生になれば、棒よりも少し短い杖(じょう)を使う場合も。 力で相手を粉砕するというより、体をうまく使い流れるような動きで戦うというスタイルです。
02、武器の棒がないと弱いんじゃないの?
と、みせかけて実は違うんです。 棒術部では棒や杖だけでなく、空手技も多く行います。 (というのも、棒術の多くは空手技をベースとしているからです。) 棒がなくても強い人は強い!棒があればもっと強い!
03、どんな格好でやるの?
白い道着、そして足袋を着用。上級生になれば白い袴も履きます。
04、武術サークルってことは、体育会系......怖くない?
そんなことはありません! いわゆる体育会系のシゴキ等はありません。 部と銘打ってはいますが、新体道棒術部はサークルです。 先輩の言うことが絶対!という雰囲気はなく、普段はみんなで和気藹々、 でも稽古中はしっかり集中してやっています。 アルコールに関しても、みんなマイペース。 無理矢理一気飲みをさせられたりコールで飲まされたりなんてことはないので、ご安心を。
05、運動したことないんだけど
入ってくる部員の中でも、もとから運動をやっていたという人は多くないです。 むしろ大学から運動を始めたという部員のほうが多いのでは…? 体全体を使った動きをするため、ほかのスポーツや思わぬところで棒術がいきることも
06、どこでやってるの?
日吉キャンパス内にある記念館前の芝生で絶賛稽古中です! 雨天の場合は、慶應義塾大学日吉キャンパスの2号館前(屋根つき)で稽古をします。 2号館は同じ記念館前の芝生の近くです。
07、見学・体験はできる?
もちろんできます。運動できる格好であればOKです! 掲示板、ツイッターにご一報いただければ、稽古の詳しい予定をご案内します。
08、慶應の学生じゃないんですが
他学の学生さんも受け入れています。 こちらも掲示板およびツイッターに連絡をいただければご案内します。 また中央大学さんにも同じ流派の棒術部がありますのでリンクからHPを見てみてください!
09、お金はどのくらいかかる?
年間4000円の部費を徴収する予定です。他のサークルさんと比べれば安い方です。 また、例年6~7月頃に集めているので、入部してすぐに払う必要はありません。 それ以外の月謝、場所代等はかかりませんが、他の出費としては、必要装備(棒・道着など)の購入、飲み会、合宿、春夏にある審査会などがあります。

和の伝統色〜丁子色(Choji)〜


ページ上部の棒術FAQの「F」の字は丁子色で書かれています。

16進数:#efcd9a